会社概要

東京ジャム株式会社(Tokyo Jam Factory

「東京ジャム」は、東京の多摩地区にある水とみどりのまち、東久留米市にあります。
2012年から、自家農園産の農薬不使用・有機肥料栽培のブルーベリーを中心としたジャムを手造りして販売しています。

自家農園「奈良山園」のブルーベリー、ラズベリー、キウイフルーツ、梅、柿などの他にも、
近隣の農園や生産者と直接お話し、仕入れさせて頂いた旬の果実や野菜を使ったジャムも作っています。

また農家の皆さまからは、小ロットのジャム加工品の委託製造も受けています。

2017年には、加工直売所として「MIDORIYA」をオープン。
お店ではジャムの加工販売だけでなく、野菜の直売や小さなカフェ、地域のイベントなども開催しています。

2018年より、東久留米市の特産品である柳久保小麦を使った焼き菓子の販売、
2019年より、農園の果樹園内で西洋ミツバチの養蜂を開始し、東京産のはちみつの販売を始めました。

 

本社
東京都東久留米市滝山5-12-3

加工直売所
MIDORIYA
東京都東久留米市滝山5-12-20

販売店舗
JA東京みらい東久留米新鮮館
東久留米市幸町3-7-2

ブックセンター滝山
東久留米市滝山5-12-3

野崎書林
東久留米駅西口ロータリー