東京ジャム株式会社について

東京の農と食卓をつなげる

毎日食べるものだから、鮮度も味も、生産者もよく知っている安心で美味しい野菜を。
友達に送るものだから、地域で作られたちょっと話題にできるこだわりの商品を。
東京だからこそ、一から作り、すべてを伝えたい。
原料は東京産にこだわり、農園を指定して作るジャム。

地域の野菜を、どこよりも鮮度よく、毎日、対面で販売するマルシェ。
東京にある「農」と、そこに暮らす人々の「食」をつなぐ取り組みを通して、
東京ジャムは、農ある豊かな地域の実現を目指しています。

家のとなりには畑があって、畑でとれたものがその日の食卓に上る、特別ではないけれど、ちょっと幸せな暮らし。
東京で、今までも、これからも、そんな当たり前の風景をつくることが、私たちの使命です。

東京の旬と美味しいを集める

種(どんな品種か)
旬(いちばん美味しい時期)
鮮(採りたての新鮮さ)
そして、生産者のこだわり。

東京ジャムは、この4つを軸に、
東京の旬を追い、美味しいを集め、伝えます。
提携する農園産の、新鮮な野菜や果物を、毎日、最高の鮮度で直売すること。
季節の恵みに感謝して味わう、旬の最高の美味しさを、保存して加工品をつくること。
それはすべて、一瞬の旬と、本当の美味しさを伝えるためのしかけです。
シェフは、野菜の種類ではなく、産地と生産者を指定します。
それは、野菜の味を作り上げるのは、
野菜を育てる風土と、育てる人のこだわりであることを知っているから。

畑から食卓へ、野菜を通して顔の見える関係を丁寧につくっていきます。

会社概要

会社名

東京ジャム株式会社

所在地

東京都東久留米市滝山5丁目12番3号

事業所

東京都東久留米市滝山5丁目12番20号 MIDORIYA

設立

2012年

代表取締役

野崎 林太郎

主な事業

ジャム等の加工品の製造、販売/農産物の生産、流通、販売/マルシェの企画、運営

主要取引先

株式会社エフエム西東京/株式会社 武蔵野テーブル/キャンパルジャパン株式会社/JA東京みらい農業協同組合/髙瀬物産株式会社/有限会社エミヤ(敬称略50音順)

フェア参加

ANAビジネスクラス(Tastes of JAPAN 関東特集)/テレビ東京「出没!アド街ック天国」(プレゼント企画)/TOKYO GROWN | 東京の農林水産総合サイト(プレゼント企画)/ハイアットセントリック銀座東京/Pasco(敷島製パン100周年記念企画)/ルミネアグリマルシェ(野菜ソムリエコミュニティTOKYO企画)(敬称略50音順)

メディア紹介実績

2020年
LOCAL REPUBLIC AWARD 2020「優秀賞 東久留米タルキプロジェクト」/朝日新聞 折込誌「アサココ」/アーキテクチャーフォト「野菜の直売所 野縁の小屋」/東久留米市50周年記念プロモーション動画「東京別世界」


2019
テレビ東京「出没!アド街ック天国」/FMひがしくるめラジオ「コノマチ★サークル」/東久留米市広報「東久留米大好きっ!」/J:COM 西東京「長っと散歩 たまろくと 東久留米の農と食」


2018
日本農業新聞「贈りたくなる地元の特産品に」/NHK Worldラジオ「日本の農業特集」


2017
日本農業新聞「旬の時期に売り切るジャム好評」